スポンサードリンク

iPodに必ず必要となるPC


ipodを使用する際には、パソコンが必ず必要になります。
ipodは音楽CDなどを一旦、パソコンでデータを圧縮してから取り込む方法だけしか音楽をダウンロードできないのです。

そして、1台のパソコンで複数のipodにダウンロードするのは可能なのですが、
著作権の問題があり、1台のipodに複数のパソコンからデータを取り込むという事はできません。
もしも、それ以外のパソコンでデータをやり取りしてしまった場合には
それまでipodに入っていたデータが全て消去されてしまうのです。
ですから、音楽を取り込むのにネットカフェなどを利用するのは、極めて難しくなっています。

必要なPCの環境ですが、windowsならばWindows XP SP2もしくはWindows 2000 SP4、
MacならMac OSX(v10.1.5以降)のOSが動作する機種が必要です。
残念ですが、それ以前のOSでは、ipodは対応していません。
PCとipodを接続する為には、USB2.0またはFireWire(IEEE1394 または iLink )コネクタが必要です。


ipodの中身をパソコンに移動させたいということもあるかもしれませんが
不正コピー防止のためにitunesには、ipodからPCへ音楽を戻す機能はありません。
PCのリカバリなどのために、どうしても戻さなければならない場合には、
そういったためのソフトがネット上にありますので、それらを利用する必要があります。

| 日記

iPodを使ってみて気がついたこと

ipodはとても使い勝手の良いポータブルミュージックプレーヤーではありますが、
しばらく使っている中で、少々気になったところもあります。

まず、液晶画面についてです。
ポータブルミュージックプレーヤーなのですから、当然、持ち運びします。
そのことを考えて、液晶画面もある程度は強度のあるものを使用しているようですが、
いつも服のポケットやカバンに入れて持ち歩いていると、どうしてもいつの間にか擦り傷状のものが液晶画面についてしまいます。
傷がついてしまった後では、研磨剤などで磨く方法くらいしかなく、
ある程度以上の器用さがないと、傷を取り除くことは困難になってしまいます。
やはり、はじめから用心して保護フィルムやケースを使ったほうが無難です。

充電についても、長い期間、使用していると、満充電になっているはずなのに、
思った以上に早く充電切れをおこしてしまうことが起きるようになりました。
いろいろ調べてみたところ、リチウムイオン方式のバッテリーを使っているために、
「満充電」の状態や「空」状態があまり長く続くと、劣化してしまい、
充電することができなくなってしまう事や、
継ぎ足し充電も、幾度も繰り返していると、充電の残量を管理している内臓マイコンが狂って、
残量はまだ充分あるはずなのに、すぐ充電が切れてしまうことが起こる可能性があるので
注意することが必要であるとわかりました。
結局、一度満充電の状態にした後で、バッテリーが空になってしまうまで、
連続してipodを再生することを数度繰り返すと良いとあったので、
試してみたところ、ある程度の回復はしました。

気になったこの2点以外は、けっこう快適に使うことができています。
少し注意するだけですむので、新しく購入する場合などには気をつけたいものです。

| 日記

iPodについてのQ&A


1.ポットキャストとは何ですか?
ポットキャストとは、インターネット上でのラジオ番組みたいなもので、
音声データファイルをiPodなどの携帯プレイヤーに保存して聴く事ができる放送(配信)番組の事です。
以前は、音声データファイルだけを取り扱っていました。
しかし、現在では音声データファイルだけではなく、動画データファイルも配信しているようです。
iTunesでも、多数が無料で公開されています。
iTunesでMusicStore → Podcast の順にメニューで追っていくと、
比較的、簡単にポットキャストを入手することができます。

2.複数のパソコンでipodは使えますか?

友達や家族のPCに入っている音楽を、自分のipodに取り込んで楽しみたい。
そんなふうに思う方も多いでしょう。
しかし残念ですが、著作権等の問題で、PCは1台に限り、ipodがデータをやり取りできるようになっています。
もしも、万が一、他のパソコンでデータをやり取りした場合、
それまでipodに入力されていたデータまでもが全部、消去されてしまうので、
しっかりと注意することが必要です。
逆に、複数のipodを1台のPCで使い分けるのは可能なので、
通勤にはiPod shuffleを、そして普段はipodをといった楽しみ方はできます。

3.mp3とAACのどっちが良いのでしょうか?

mp3とAAC。両方ともごく一般的に普及されているエンコードなので、
優劣を決めることが簡単にはできません。
mp3形式は特によく見かける方式で、今、一番、普及しているエンコードです。


| 日記

iPodのダウンロードのしかたは?



ipodはアップル社から発売されている、世界で最もポピュラーなポータブルミュージックプレーヤです。

ipodがこんなにも普及した理由としては、使いやすさが最も大きな点だと思います。
しかし、それでもはじめてipodを使う人には、少々解り難いところもあります。

まず、音楽をipodに取り込む際には、itunesというソフトが必要です。
このitunesはアップル社が開発したメディアプレーヤーで
音楽や動画の取り込みなどを管理することができます。
ただitunesは、以前はCD-ROMが付属していてそれを使って取り込めましたが、
今、現在では添付されていません。
新しいバージョンのipodを購入する際にはitunesをダウンロードしなければなりません。

itunesを起動させたら、ipodを買った際にUSBケーブルが付属されていて
それを使ってパソコンに接続します。
その後、ダウンロードする前にはipodの画面表示にしたがって環境設定を行います。

環境設定が終われば、手持ちのCDやレンタルのCDなどを取り込み、
ipodにダウンロードができます。

ライブラリとipodを自動更新するようにituneの設定が、なっている場合は、
CDを取り込み、ipodを起動させる度に、ipodに自動で音楽が転送されます。
ipodの容量が大きい場合は良いですが、
動画を取り込んだりして、容量に余裕がなくなた場合や、
あなたのお気に入りの音楽だけをダウンロードする場合には、
自動更新のチェックをはずしておかなければなりません。

自動更新しない時でも、ドロップ操作だけで、
音楽をライブラリからipodに簡単にダウンロードできますから、ほんとに手軽です。
| 日記

iPodの使い方は?


ipodはアップル社で製造・販売され大人気のデジタルオーディオプレーヤーです。

ipodはデジタルオーディオプレーヤーですから、
基本としては音楽を聞く為に使用しますが、
その他にも様々な使用法があります。

まず、ipodを使用する為に、必ず必要なのがパソコンです。
以前にはアップル社のマッキントッシュ系でしか使えませんでしたが、
現在ではウィンドウズでも使用できるので、まず、ほとんどのパソコンで使用できます。

また、ipodは動画を観ることができますが、動画ファイルのフォーマットが決まっている為、
どのファイルでも取り込むことができるという訳にはいきません。
ただ、ネット上にはいろんな動画をipod用に変換するソフトが出回っているので、
そういうものを利用すると、動画を簡単に楽しめます。

更に、ipodでは、音楽を聴くということ以外にも様々な使い方もあります。

まず、メニュー画面である「ipodエクストラ」から、いろんな機能を呼び出せます。
アドレス帳、カレンダー、メモ帳、時計機能、ストップウォッチ、そしてゲームなど、
機能が充実していますから、簡単な手帳代わりにもなります。
また、他人には内容を見られたくない場合などのために、ロックすることもできます。

その他にも、ipodのモードを「ディスクとして使用する」にセットしておくと、
ポータブルハードディスクとして、表計算のデータやワープロ文書など、
ipodに仕事などにも必要なデータを入れて簡単に持ち歩くこともできます。

ipodは多機能ですので、せっかくの機能はフル活用したいものです。

| 日記

iPod nanoとは?


ipod nanoはアップル社製のフラッシュメモリ内蔵のデジタルオーディオプレーヤーです。

ipod miniの後継機として発売されたipod nanoは、
Mac OS XやWindowsの両方で使用することができ、
iPod shuffleやiPodの特徴を兼ね備えている上に、
iPod miniよりも更に小型であるという特徴もあります。

現在、発売中のipod nanoのサイズは90mm(縦)× 40mm(横)× 6.5mm(厚)重量40gとなっていて、
以前に販売されていたものよりも、少し小さくなっている為、
それまでに販売された一部の周辺機器やケース、
液晶保護用のシールなどのサイズが合わなくなっていることに、
注意する必要があります。

また、アップル社から配布されている音楽の再生・管理ソフトである
iTunesのCD-ROMが以前には同封されていましたが、
マイナーチェンジ以降、付属品から外されてしまい、
ipod nanoを使用する為には、このiTunesをダウンロードすることができる環境を
購入者側が用意しなくてはいけなくなってしまいました。

現在販売中のipod nanoの容量は、
2G(定価17,800円)、4G(23,800円)、8G(29,800円)となっています。
カラーラインナップはその容量て違っており、2Gモデルはシルバーだけ。
4Gモデルはブルー、ピンク、シルバー、グリーン。
そして8Gモデルはブラックのみとなっています。

また、2006年の10月には
iPod nano (PRODUCT) RED Special Edition として、
赤の限定色モデルが販売されています。
ただし、限定モデルと言っていますが、生産台数等が限定されているのではありませんから、
他のモデルと同様に今、現在でも購入できます。
仕様等も他のipod nanoと違いはありませんが、
容量は4Gと8Gの2種だけになっています。
| 日記

iPodの種類と価格は?


現在発売されているipodは全部で3種類あります。

ハードディスクが内臓されたタイプのiPod(30GB・80GB、 ブラック/ホワイト) 、
フラッシュメモリを使用し、ipod miniよりももっと小型にしたiPod nano
(2GB・4GB・8GB、シルバー / グリーン / ピンク / ブルー / ブラック / レッド)、
液晶画面なしで、シャッフル再生に特化したiPod shuffle
(1GB、シルバー/ オレンジ /ピンク / グリーン / ブルー )です。

また、ipodの30Gをベースに、オールブラックのボディになった
iPod U2 Special Edition(30GB、ブラック) や
iPod nano (PRODUCT) RED Special Edition など、
限定バージョンと言われるものも販売はされていますが、
価格や基本的な性能は、同じモデルのものと同様になっています。

容量の最も大きいipodの価格は、30Gで定価が29,800円、80Gで42,800円。

ipod miniの後継機種として販売され、Mac OS XやWindowsの両方で使用ができ、
iPod shuffleやiPodの特徴を備えもったipod nanoは2Gで17,800円、
4Gが23,800円、8Gが29,800円となってます。

また、iPod shuffleについてですが、
機能的はその他のiPodシリーズに少々劣りますが、
バックや洋服などに簡単に取り付けられて、さほど邪魔にもならないサイズであることや、
価格が1万円を切った9,800円であることなど、
手軽で気軽に携帯して音楽を楽しむことができるのが
iPod shuffle最大の魅力になっています。

自分にあった機種を容量や用途に応じて、選ぶことができ、
幅広い価格であるというのが、ipodが人気あることの
一つの要因であると思います。
| 日記

iPod shuffleとは?

iPod shuffleはアップル社製のデジタルオーディオプレーヤーである
ipodシリーズの中の一つとして販売されました。

2005年の11月に販売開始されたiPod shuffleは
転送された音楽をその名の通りシャッフルして聴くというコンセプトで作られています。
再生方法としては、シャッフルしての再生か、プレイリストの順に再生するかを選択することができますが、
音楽情報の表示画面がない為に音楽を1曲1曲と選んで聴くような使い方は向いていません。

iPod shuffleは2006年の11月に仕様が変更になり、
それまでに販売されたiPod shuffleのサイズを大幅に下回る、
41.2×27.3×10.5mm、重量、15gと、世界で最も小さいデジタルミュージックプレーヤーになりました。

機能的には他のiPodシリーズには、さすがに劣りますが、洋服やバック等に簡単に取り付けることができ、
さほど邪魔にはならない大きさであるということや、
価格が1万円以下であることなどから、手軽に携帯して音楽を楽しめるのがiPod shuffleの最大の魅力と言えます。

仕様は、記憶媒体 フラッシュメモリ(1G)、
対応フォーマット AC (16〜320Kbps)、
保護されたAAC (iTunes Storeから、M4A、M4B、M4P)、
MP3 (32?320Kbps)、MP3 VBR、
Audible(フォーマット2、3、4)、AIFF、WAV
バッテリー持続時間 連続再生最大12時間、スタンバイだけの場合は約1ヶ月
色 ブルー、ピンク、オレンジ、シルバー、グリーンの5色
となっています。



| 日記

Apple社のiPod!


ipodはApple社が開発・製造そして販売している、携帯型デジタルミュージックプレーヤーのことです。
発売されはじめた頃は、Macintosh専用デジタルミュージックプレーヤーだったのですが、
今ではWindowsにもしっかりと対応するようになって、
デジタルミュージックプレーヤーとして、かなりのシュアを締めています。

ipodのデザインは二つの丸と二つの四角形で表すことが共通しているのです。
液晶表示がないshuffleを除外して、大きい液晶画面とホイールとでipodのデザインが成り立っています。
このホイールを使用する事で、音量の調節や選曲、早送り、巻き戻し、画像や動画の観るなどの操作を簡単に行えます。

ipodには1G〜5Gという5世代の機種があります。
これは同じくApple社のマッキントッシュなどと同じで、
Gはジェネレーションの事だそうで、データ容量とはまったく関係はありません。

2006年の9月に販売が開始された新5世代の機種は
今までの機種と比べ、内容としては小さな規模の変更になりました。
今現在、販売されているモデルは、ハードディスクが内臓されたタイプのiPod(30GB・80GB、ブラック/ホワイト) 、
ipodの30Gを基本に、オールブラックのボディとなったiPod U2 Special Edition(30GB、ブラック) 、
フラッシュメモリを使用して、ipod miniよりももっと小型にしたiPod nano(2GB・4GB・8GB、シルバー / グリーン / ピンク / ブラック / ブルー / レッド)、
液晶画面を使わず、シャッフル再生に重点をおいたiPod shuffle(1GB、オレンジ /ピンク / グリーン / ブルー / シルバー)、
などが発売されています。
| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。