スポンサードリンク

iPodの不具合は

ipodを使っていると不具合が起こる場合があります。

最も多い不具合はどのボタンを押しても全く反応しなくなる「フリーズ」でしょう。
また、完全にはフリーズしなくても、動作が不安定な状態になったり、
電源を入れることができない場合があります。

フリーズなどの不具合程度だったら、修理に出す前に、リセットをまず、してみることを勧めます。

リセット方法は次の通りです。

1.[HOLD]を解除します。
2.[MENU]ボタンとクリックホイール中央の[決定]ボタンを一緒に6秒以上押しつづけます。
3.アップルのロゴが表示されればリセット完了です。

リセットをしてしまうと、それまでipodに保存されていた音楽データなども全て消去してしまうのではないだろうかと、
不安になる人もいるとは思いますが、音楽データなどは基本的に保存されたままです。
ただし、一部の設定は、初期化される場合もあるので、要注意です。

リセットをしてもipodの調子が悪い時には、「復元」という方法もあります。
復元してしまうと、曲のデータなど全部消えてしまうのですが、
itunesを使えば、もう一度、転送させることができるので、さほど面倒なことではありません。

復元をしてもどうしても不具合が出る場合には、修理を依頼したほうが良いでしょう。
購入した家電量販店などではipodは修理を受け付けられません。
アップルストアに自分で持ち込むか、またはアップル社のホームページから修理を依頼する必要があります。
購入してまだ1年以内であれば、大半の場合は無償で修理、交換してもらえます。

また、音楽の転送の途中で止まってしまう、転送速度が異常に遅い場合などは、
ウイルスチェックソフトが邪魔している場合が多いようですから、いったんウィルスチェックソフトを停止させてみてください。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。