スポンサードリンク

iPod nanoの特徴とは

ipod nanoはアップル社製のフラッシュメモリ内蔵のデジタルオーディオプレーヤーです。

ipod miniの後継機種として販売されたipod nanoは、
Mac OS XやWindowsのでも利用することができ、
iPod shuffleやiPodの特徴をも兼ね備えている上に、
iPod miniよりもさらに小型であるという特徴があります。

現在、発売中のipod nanoのサイズは
90mm(縦)× 40mm(横)× 6.5mm(厚)
重量40グラムとなっていて、以前、販売されていたものよりも、少し小さくなっているので、
それまでに販売されている一部の周辺機器、ケース、液晶保護用シール等のサイズが
当然、合わなくなってしまった為、購入する際には注意が必要です。

販売されているipod nanoの容量は、
2G(定価17,800円)、4G(23,800円)、8G(29,800円)の3種。
カラーは、その容量によって違っていて、
2Gモデルはシルバーだけ。
4Gモデルはピンク、シルバー、グリーン、ブルーの4色。
8Gモデルはブラックのみとなっています。
バッテリーの駆動時間は最大、24時間あるので、
それほど、充電の心配が必要ないのも大きな特徴でしょう。

2006年の10月にはiPod nano (PRODUCT) RED Special Edition として、
「赤」の限定カラーモデルが販売されています。
しかし、限定モデルといっても、生産台数等が限定されているのではありませんから、
その他のモデルと同じく、今、現在でも購入することはできます。
仕様などの特徴も他のipod nanoとなんら変わりありませんが、
ただ、こちらの容量は4Gと8Gの2種だけとなっています。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。