スポンサードリンク

iPodに音楽を取り込む方法とは


ipodを使用する為には、必ずパソコンが必要です。
音楽CDなどをパソコン上で一度、圧縮した後、データを取り込むしかipodは音楽をダウンロードする方法がないためです。

更に、1台のPCでいくつものipodを使い分けるというのはできますが、
著作権の問題で、逆に他のパソコンから1台のipodにデータを取り込むということはできません。
もしも、それ以外のパソコンとデータをやり取りしてしまった場合、
ipodにそれまで入っていたデータまでもが全て消去されるのです。
そのせいで、ネットカフェなどを使って音楽を取り込むことも、大変困難になっています。

ipodの中身をパソコンに移動したい場合もあると思いますが、
itunesには不正コピーを防止するために、ipodからパソコンへ音楽を戻す機能はないのです。
パソコンをリカバリする時など、どうしても戻したいというような場合には、
ネット上でそういったソフトを探し、それらを利用するという必要がでてきます。

取り込み形式については、mp3とAAC。
どちらにしても一般的に普及しているエンコードですから、そう簡単に優劣を決めることはできません。

mp3形式は現在、最も普及しているエンコード。
CDなどの作成もできますし、ipod以外の製品でもmp3形式対応のものがたくさんあるで、
きわめて汎用性が高いという特徴があります。
AACは同じビットレートですが、ファイルサイズがmp3よりも小さく、音質は優れています。
残念なことに、ipod以外の製品にはまったく対応していないために、
CDなどに取り込みたいときなどにはとても不便です。
両方の特徴をよく踏まえた上で、自分のスタイルに応じたエンコードにするのが良いでしょう。

| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。