スポンサードリンク

iPodで写真を楽しんでみましょう


第4世代から以降のipodやipod nanoにはカラーの液晶画面が搭載されていますから、
デジカメなどで撮影した写真をipodに転送し、写真を楽しむ事もできます。

画像はファイルがどうしても大きめにはなりますが、容量に1G程度の余裕があれば、
ipodに1200枚くらいの写真を入れて持ち歩く事ができます。
取り込んだ写真をスライドショーとして音楽をBGMにして再生し楽しめます。
AVケーブルを接続してテレビに映し出すこともできるので、
家族や遊びに来た友人などと一緒に楽しんだりすることもできます。

ipodで写真を楽しむ為に必要な事は、同期するフォルダを指定するだけでいいのです。
その方法は、
1.ipodをパソコンに接続し、itunesで写真を選びます。
2.「写真の同期」にチェックを入れます。
 itunesの初期設定ではMyPicturesのフォルダが同期を取る設定がされているので、
 他のフォルダから写真を取り込む場合には、フォルダの選択をして下さい。
3.画面中央に、指定したフォルダの下にあるファイルの一覧が表示されますから、
 ipodに転送する写真を選択してください。

たった、これだけの操作で簡単に写真を取り込むことができるので、
後はipodのメニューから写真を選択することで
ipodで気軽に写真を楽しめます。

更に、PowerPoint等で作ったプレゼンテーション資料を
JPEGに変換出力すると、ipodでBGMのついたプレゼンができます。
まさにipod上級者みたいで、おしゃれです。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。