スポンサードリンク

iPodの充電は?


ipodなどのポータブルミュージックプレイヤーや今や必需品の携帯電話など、
充電しながら使用するものは、いざ使う時に
バッテリが切れていたというのはよくあることです。

バッテリはできれば長持ちさせたいものです。
ipodシリーズに内臓されるバッテリは、
ノートパソコンなどと同じリチウムイオン方式が使われています。
このリチウムイオン方式のバッテリというのは、
「満充電」の状態や「空」状態があまり長く続いた場合、
バッテリ自体が劣化して、最悪、充電ができなくなってしまう特徴があるのです。
その為に、ノートパソコンなどと同様に、バッテリでの運用を心がけ、
ACアダプターの常時接続はできるだけ避けて
長時間使用しないような時には50%くらいの充電状態にしておくのが良いようです。

継ぎ足し充電も、幾度も繰り返すと、
充電残量の管理をする内臓マイコンがおかしくなってしまい、
充分に残量があるはずなのに、スグ充電切れをおこしてしまうことが起きるようになったりします。
こういう場合には、一度、満充電の状態にしてから、バッテリが全て空の状態になるまで、
連続してipodを再生することを何度か繰り返しておこなうと、
復帰する場合もあるから、試す価値はあります。

それでも、バッテリの調子が良くない時には、
保障期間を過ぎていている場合も6,800円で新品のバッテリと交換してもらえます。
当たり前のことかもしれませんが。

アップル社、純正のACアダプタは100V〜240Vに対応の、ワールド仕様になっています。
ですから、世界中、ほとんどの国でも使用可能となっています。
但し、コンセント差込口の形状は、国によって全く異なる場合があり注意が必要です。
ワールドトラベルアダプタキットなどを使って、切り替える必要があります。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。