スポンサードリンク

iPodの使い方のヒントは?


基本的にはipodを使うには、必ずPCが必要です。
ipodは音楽CDなどをパソコン上でデータを圧縮してから取り込む方法でしか
音楽をダウンロードできないためです。
また、複数のipodを1台のPCで使い分けるのは可能なのですが、
著作権などの問題で、複数のパソコンから1台のipodにデータを取り込むというようなことはできません。
もしも、ほかのPCとデータのやり取りをしてしまった場合には、
ipodにそれまで入っているデータまでもが全て消去されます。

ネットカフェなどで音楽を取り込むのも、そのために非常に難しくなっています。

必要なパソコン環境としては、windowsならばWindows XP SP2、Windows 2000 SP4、
MacならばMac OSX(v10.1.5以降)のOSが動作するタイプの機種が必要です。
ipodとパソコンを接続するには、
USB2.0もしくはFireWire(IEEE1394 または iLink )コネクタが必要です。

ipodで音楽を取り込む場合は、基本的にはitunesというソフトが必要です。
Windows98SE/Meだったら、iTunesの代用として、
「XPlay2」 というソフトでもiPodを操作するできますが、
高機能さ、高速さなどではitunesには到底かないません。
itunesはアップル社が開発したメディアプレーヤーのことで
音楽や動画の取り込みなどを管理することができます。

PCにipodの中身を移したい場合があるとは思いますが、
不正コピー防止のため、ituneにはipodから音楽をPCへ戻す機能はありません。
PCをリカバリしなければならないなど、どうしても戻さなければならない場合は、
ネット上にその為のソフトもあるので、それらを使う必要があります。

他に必要とされる基本的なものはipodに最初から付属していますので、
パソコンさえあれば大丈夫です。
必要最低限のことしかipodの説明書は書いていないので、
解りにくいという意見も少なからずあるようですが
適当に操作したりしていると、いろんな思わぬ発見があったりしますから、
まずは、ipodにいろいろと触ってみることが大切でしょう。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。