スポンサードリンク

iPodにアートワークを追加するには


ipodではituneを通じ、それぞれの曲ごとにアートワーク(JPEGなどの画像)を表示することができます。
この機能を使用すると、itunesの画面表示がとても華やかになるだけでなく、
ビジュアライザ表示では曲目表示の時に表示されたり、
CDを作成した際のカバー印刷に利用できたりと、
いろいろな形で活用できます。

取り込む方法も、今のituneはiTMSにアカウント登録すると、
ライブラリに音楽ファイルを追加するだけで、アートワークを自動的に取得するようです。

また、複数のアートワークを1つの曲に取り込むことも可能になっています。
やり方も、アートワークにJPEG画像をドラッグ&ドロップするだけなのです。
その他にも、「情報を見る」ダイアログのアートワークで「追加..」ボタンを使っても、
アートワークを追加できます。

もし万が一に、アートワークが表示できない時には、
まず、デバイスツリーの中のIPODを開いてください。
そして次に、ミュージックタブを選択して、
「iPodでアルバムアートワークを表示する」のチェックを一度、OFFの状態で適用化します。
それから、iPodを一度PCから取り外して、もう一度接続しなおしてから、
先ほどチェックを外した「アートワークを表示する」のチェックボックスを
ONの状態にすれば、表示されるようになるはずです。

アートワークをこんな手軽な方法で楽しめますが、
ipodの容量には限りがあるので、
大きな画像ファイルをあまり取り込み過ぎないように、
注意する必要があります。


| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。