スポンサードリンク

iPodに必ず必要となるPC


ipodを使用する際には、パソコンが必ず必要になります。
ipodは音楽CDなどを一旦、パソコンでデータを圧縮してから取り込む方法だけしか音楽をダウンロードできないのです。

そして、1台のパソコンで複数のipodにダウンロードするのは可能なのですが、
著作権の問題があり、1台のipodに複数のパソコンからデータを取り込むという事はできません。
もしも、それ以外のパソコンでデータをやり取りしてしまった場合には
それまでipodに入っていたデータが全て消去されてしまうのです。
ですから、音楽を取り込むのにネットカフェなどを利用するのは、極めて難しくなっています。

必要なPCの環境ですが、windowsならばWindows XP SP2もしくはWindows 2000 SP4、
MacならMac OSX(v10.1.5以降)のOSが動作する機種が必要です。
残念ですが、それ以前のOSでは、ipodは対応していません。
PCとipodを接続する為には、USB2.0またはFireWire(IEEE1394 または iLink )コネクタが必要です。


ipodの中身をパソコンに移動させたいということもあるかもしれませんが
不正コピー防止のためにitunesには、ipodからPCへ音楽を戻す機能はありません。
PCのリカバリなどのために、どうしても戻さなければならない場合には、
そういったためのソフトがネット上にありますので、それらを利用する必要があります。

| 日記
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。